嫁と娘が外出したまま帰ってこない。親友「もしもの時は俺が嫁ちゃんと娘ちゃんを保護するけどいいよな?」俺「親友とヤってないよね?」→嫁「」

嫁と子供が帰ってこない
ドライブ行くって言ってそろそろ4時間になる…
簡潔に言うと、俺の母親が嫁に女の子を育てるのは図太いから楽で
男は大変だと子供の居るところで言ったんだ
そして今日になって
「子供の目の前でああいうこというのってどうなの!?」
と始まった。
いかにもアンタは楽してんのよって言いたいの!?と言うので
正直にそう思ってると思う、と答えた。そこで嫁MAXに怒り。
黙って夕ご飯を作ったが、二人は明らかにおかしかった。
▼ 次のページへ ▼
そして、しばらくまた二人で自室にこもった後
「ドライブ行ってくる」
と出て行ったきり帰ってこない
俺36、会社員 500万から700万
嫁35、会社員 600万
子供一人10歳女 持ち家別居 結婚年数12年
>大分やらかしたな。
>あ~そりゃ帰ってこんなw
時間も時間なので、嫁の弟の携帯に電話したら、
外見てきます、って言ってからしばらくして「いませんよー」と。
▼ 次のページへ ▼
一緒に探すかとも言われたが、もう少し待つ事にすると言った。
嫁の携帯に電話したら、呼び出し音が鳴ってからぶつっと切れる。
これは一体なんなんだろう?
>そういうときは
>「じゃあ、婆ちゃんはかなり楽だっただろうな。
>母ちゃん図太いからな!ウェーハッハッハ」って言うんだよ。
やはりそうやって言うべきだったか…
俺は一人っ子だから兄弟はいない。
探したくても探しようがない、車が一台しかないし
友達にも電話したがみな寝てしまったらしく誰も出ないんだよ
▼ 次のページへ ▼
K察にも探してくれ!と訴えたがもう少し待ちましょうと言われた。
>自業自得で嫁娘出て行ったのに、こんな時間に友人を呼び出そうとするお前
>頭大丈夫か?
もう、あっちゃこっちゃ行ってきたんだよ…
嫁の友達って全然わからない
近所の友達の家は分かるから行ってみたけど車は無い
今日きちんと話をきかないでごめん、話したいから帰ってきて
ってメールした。けど反応がない…
K察は今また電話したらパトロールしてみるって言ってくれた
▼ 次のページへ ▼
>連絡くれないのならK察に捜索願いだします。
>ってメールしろってんだろーが!
言うとおり今メール送ってみた
電話したのはパソつながってるのが分かってる友達だけだ
>娘にも見限られたな。
>10歳の娘ってのは、もういっぱしの女だぞ。
>母娘とWで怒り狂ってるだろうな。
>お前は嫁も娘も同時に敵に回してるんだ。
>その時点で楽をするも何もお前自体が子供と係わってない証拠だろ。
やっぱり、娘が話しかけてきたときに冷たくしたのが原因か?
▼ 次のページへ ▼
パソで仕事中に膝に乗ってきたので
「あっちいってろ」って言ったのがダメだったのか?
娘からメールの返事が来た
「ママと話し合ってる最中だから、まだ帰りたくない。
おばあちゃん大嫌い。ママも早く死ねって言ってる。」
と書いてある。家出ではないのか?帰って来るのか?
>既に家族間の信頼関係は崩壊だな。手遅れってこった。
>娘はママと、これからどっちについていくか話し合ってるんだろうな。
そうして考えてみれば俺は何もしてない
子供にパパの料理食べたい、と言われたら作る
▼ 次のページへ ▼
嫁が風呂に入れない時は入れるくらいか…
後、少年団のお迎えは俺がする
娘は全然図太くない
嫁よりはっきり物は言うが…
やっぱりそれを話し合ってるんだろうか?
嫁は常日頃娘に
「子供出来たらうざい男なんか捨てて子供と家に帰っておいでね」
とか言ってた。
>え?嫁もちょっと変じゃないか?
>嫁がそうしたかったからそういう発言が出たんだろうな。
▼ 次のページへ ▼
>つまり、お前を捨てたいと言う事だ。
>孫を平気で傷つける婆さんだ。嫁も色々溜まってたんだろうな。
>しかし、ここまでお前らに娘を傷つけられたら嫁も限界だな。
いや、別に母親の味方をしたわけじゃないんだ
そういう母親なのわかってるから、そう思ってると思うと言った
嫁は「アンタが一言言ってくれたら全然違うのに!」と叫んでた
一度絶縁したんだが、親から娘にコンタクトを取ってくるので
嫁は仕方なく折れた。そこで今回のジ件が起きてしまった
>お前が怒らない時点で味方したも同然と、嫁は受け取るだろうな。
>・そういう母親なのわかっていて妻子を会わせてた
▼ 次のページへ ▼
>・帰らん母が暴言吐くたびに帰らんはスルーしてた
>・毒婆が娘にコンタクトをとるのをのほほんと見ていた
>・絶縁したのに復縁させてのほほんとしてた
嫁からは「もうお義母さんには会いたくないわ!
お義父さんならいいけど お義母さんが死ぬまで無理。」と言われた
明朝すぐに絶縁宣言もう一回かましてくる。
なんかそれからじゃないと嫁は許してくれなさそうだ。
電話には相変わらず出ないので、もう一回謝罪メールいれた。
俺はもう母親には諦めてたので全部スルーしてた。
俺の事は爺さん婆さんに預けて仕事して、嫁には働けといい
▼ 次のページへ ▼
嫁はその通りに子供を保育園に預け、学童保育に預け働き、
でも滅茶苦茶に娘を可愛がってきた
その内、「保育園なんて最低の親が入れるところ」とか
「名前の通ってる幼稚園に入れろ」とか言うようになった。
だけど現実上それは無理だった。
そうしたら、可愛がってる親戚の息子と比べるようになってたことがわかった
しかも、保育園上がりの娘が
幼稚園上がりのその子よりも出来る事が面白くないらしく、
どんどん嫁に嫌味を言うようになった。
俺はそのたび「オマエが一番育児失敗してんだよ」とか言ってきたが
▼ 次のページへ ▼
その内疲れてしまった。嫁は戦ってたんだよなまだ。最低、俺。
>ババア、一発殴った方がいいんじゃないか?
>殴らないまでも力で脅さないと解らんぽいタイプの女だな。
毛虫のように嫌われたのか?
さっき「パパがかわれば大丈夫だよ。」とメールくれた。
今嫁から長いメールが来た。
どうやら、娘が嫁に話がしたいと言い出したらしい。
娘は寝てしまったらしい。
娘の出した条件は
「お婆ちゃんは最低な人間なので二度と会いたくない」
▼ 次のページへ ▼
それが出来なければママと二人で暮らしたい。
でも、引っ越すのはイヤなのでパパが出て行って欲しい。
何かあってお婆ちゃんと会わなくてはならない時は
ちゃんと味方をしてほしい
パパはわがままなのでもうわがままを言わない事
娘が寝てしまって重くて運べないのでとりあえず帰宅するとのこと。
これから話し合いをしたいということ。が書いてあった。
>情けなくないか?娘に出て行って欲しいって言われてんぞ?
>お前!それじゃ娘からの絶縁宣言じゃねーか!
>どんだけいびってたんだよ!お前の母親。
▼ 次のページへ ▼
>絶縁してたのを復活させたのが間違いだな。
>で、絶縁のきっかけは何?
一度目の絶縁は嫁のやってた店を母親がやってきて
のっとったのがきっかけ。
嫁は子供が小学生になったら、一緒に家にいたいと言っていた。
娘だからこそ自分が色んなことを教えておきたいと…
だから、小学生になる前にいっぱい稼ぐと言ってやってた。
嫁の留守のすきに店にやってきて、従業員に滅茶苦茶嫁の悪口をいい、
それを繰り返していた。それこそ、ある事ない事いいまくった。
何も知らない従業員たちは青くなり、
▼ 次のページへ ▼
婆の下で無いと働かないと言い出した。
嫁は何も知らないので、何で母親が?と思い、
一人の子からやっと事情を聴きだした。
>それ嫁が復縁を我慢できるレベルじゃねーだろ
>本気で基地外かおまえの母親は。嫁も娘も可哀想すぎる。
>店のっとった時、婆から取り返そうとしなかったのか?
>そのまま泣き寝入りして、ただ絶縁しただけか?
嫁はショックで病院に通うようになった。毎日叫んでいたり酷かった。
その間にも携帯に母親から
嫌がらせのメールやら電話があって、俺もそれを見た。
▼ 次のページへ ▼
そんなに言うなら自分でやれば?とか言い出して店を渡してしまった。
今は復活して「もう店はこりごり」と元の会社に復帰した。
俺は婆をコロしてやろうかとすら考えた。
殴り倒してやろうと思って実家に行ったが、嫁が止めに入った。
>絶縁させりゃいいってもんじゃねーな、コレ。
>てか、おやじなにしてたのよ?嫁がまだましっていってた、おやじ。
親父はもう完全に諦めてる。
昔はとにかく離婚したい離婚したいと呪文のように言っていた。
俺はそのたびに母親に泣きつかれて出て行こうとする父親を止めてた。
そんな父親だから言えば逆鱗に触れると思ってあまり余計な事は言わない。
▼ 次のページへ ▼
でも嫁の味方はする。「女の子は楽だ」発言の時も
一生懸命「いや、子供はみんな大変なんだよ」とか
「うちには女の子はいないからわかんないだろ?」とか言ってた。
「アンタは黙ってて!」と言われてたけど。
後から嫁にも「イヤな思いさせてすまん。」と電話してきたらしい。
だけど店の事はなんにも知らなかったらしく、
俺が殴りこみに行くまで知らずにいた。
親父は嫁には平謝り。
だけど母親は「嫁のやってる店を私がやって何が悪い?」
と言った。親父が切れて母親を張り倒した。
▼ 次のページへ ▼
親父が怒り狂ったので、訴える前に店は戻ってきたが、
嫁が「あんな婆の手垢のついたもんはいらん」 とやめてしまった。
その後、商品はネットオークションで売り払ってしまった。
娘は何も手がかからない子供ではないよ、
喘息も今はだいぶん良くなったが昔は酷かったから入院したりもした。
だけど、もう、昔からこういう婆なの知ってるから、
直らんのも知ってるからスルーした。
だけど嫁に言わせればスルーしてるのは婆に味方してること。と言われた
嫁や娘に対して言ってる事は滅茶苦茶腹が立ったけど、
心の中で「また絶縁だな」と思ってたので、
▼ 次のページへ ▼
何を言おうか考えてる時に父親が「帰る」と言い出した。
正直ラッキーと思ってしまった。情けない話だが。
帰ってこない、どこまでいったんだ?
>嫁の言っている事は正しいな
>お前がババアがキチガイ行動、発言をする度に
>〆ずにスルーしてたからババアが増長したんだぞ
>絶縁なんて生易しいことしないで、
>バ バ ア を 捨 て ろ
>父親とババアも離婚させろ。離婚調停させろ。
>ババアのやってきた事は十分有責になる
▼ 次のページへ ▼
やっぱりそうだよな。
嫁の母親は娘の自慢ではなく孫の自慢をする。
近所に連れて行って孫バ力ぶりを発揮している。
嫁と喧嘩になったときに「もう娘に会わせないよ!」
というとすぐに謝りに来た。
俺の母親は「ウチの息子は子供の面倒見てえらいのよー」
と言って歩いている。
もう、病気だと思っていた。
どうやったら有責になるのか教えて欲しい。実行しようと思う。
電話きた。俺の親友のところに相談しに行ったようだ。
▼ 次のページへ ▼
かなり遠い。もう着くらしいからコーヒーいれる。
おちるけど、明日報告する。
休んでいい、というか休もうよ、と言ったが娘は学校に行った
賞状をもらう日なので絶対行くという。
起きてきた時からとにかく謝った。朝ごはんを作って食べさせてたら
「昨日運んでくれたのパパ?」というので「そうだよ」と。
「なんか、ふわふわーとして気持ちよかったから、また抱っこしてね!」
と。なんか涙が出てきたのだが「いつでもいいよ!」と返事した。
ただ、やはり怒っていた。でも笑顔が見れただけ良かった。
朝、嫁が必ず実行しているという見送りに参加。
▼ 次のページへ ▼
姿が見えなくなるまで見てるという。
家の前の道路は嫁が見送り係らしい。
他の子達にも一生懸命話しかけ挨拶してた。
嫁は仕事に行くと言ってるが俺は今日は休む事にした。
顔色が滅茶苦茶に悪いので休めよと言ったが
有休を使うと娘が具合の悪い時困ると
だけど早めに帰る事になるかもね…と言われた。
俺はこれから実家に行ってくる。
多分俺の話は通じないだろうから最終的に殴る事になると思う。
嫁が俺の親友のところに行ったのは
▼ 次のページへ ▼
「口が堅い」ことと「俺の親の事を知っているから」
「俺とは関係なく学生時代からの友達だから」だった。親友は独身。
嫁が学生時代、親友の事が好きで告ってたのを知ってるので
「やってないよね?」と聞くと
「やるんなら言わんわ。あんたら男の友情ってその程度かよw」と言われた。
しかも車で出ていたらしい。
俺が電話した時、出なかったのは嫁と話していたということだ。
ただでさえ迷惑なので、今日休みだと言う事を確認してから行ったんだと。
親友からはメールが来た。
内容はこれ以上の事があって嫁と娘が実家にも戻れず、
▼ 次のページへ ▼
彷徨うような事があったら保護するがいいか?
さっさとババアを病院にぶちこめ云々という内容だった。
それから今日会えるか?と。長かったので省くけど。
>友達の嫁が自分の女扱いだもん。嫁の行動も完全に男に頼る感じだし。
>最初から親友の方と結婚すればよかったのに。
>俺には嫁と娘を守るように親友が発破かけてるようにしか思えんのだが。
>そうだろうな。遠くで見ていられる状態じゃないわな。
>お前の糞ババァの実弾全スルー、嫁と娘に全部着弾状態でフォローなしなら
>自分が引き取ろうと思われても仕方ないよな。
>ていうかそいつのほうが漢だな。
▼ 次のページへ ▼
行ってきたんだが入って探してると「病院にでかけた」とオヤジに言われた。
待ってると言うと帰ってきたらワンコールするから待ってろと。
まあ、メールの内容から俺もそう思う。
嫁が入院した時もかなりお見舞いしてくれた。
夜中に出入り出来る病院だったのだが、俺は子供で手一杯だったので
寂しがる嫁の話をしたら、こっちの町に泊りがけで来て行ってくれた。
入院最後の方は俺の同級生たちがわらわらと来る状態で
談話室はかなり盛況になったらしい。
「オマエのお下がりとは一生やれんが、覚悟しておく。」とか
「オマエだから譲ったんだから大事にしろ。それぐらい分かれ。」
▼ 次のページへ ▼
と書かれてた。こんな事言ってきたの初めてだ。
今日殴られるかもしれん、俺。真摯に受け止める。
とりあえず、娘のパパは親友ではない。血液型がありえないから。
>親友は嫁を振ったんだよな?
>親友も本当は嫁のことが好きだったのか?
いや、今まで微塵もそんな態度みせてなかったから煽りかもしれん。
だけど奴が敵になるのはいやだし絶対俺は譲れん。
他に伏兵はいないかと思ってひやひやしている。不安だ。
嫁母が昨日は夜勤でいなかったらしい。
弟が俺の事を嫌ってしまうかもしれないと思うと話せなかったと。
▼ 次のページへ ▼
身内よりになるのはいやだと言っていた。
公平に見てくれるのは母親か親友かしかなかった、と。
それでもやばいんだろうか?
>話変わるが娘が手がかからない子供ではないって、
>そう思ったのはひょっとして喘息だけ?
>学校で問題行動おこしたりせず逆に賞状をもらうような子が?
>医療費がかかっただけなら手がかからない子だろう。
>学校でも外でも問題行動は一度もない。
>それが普通だと思っていたのだが?
賞状はいつもの事だが、今の小学校はみんなにくれるんじゃないのか?
▼ 次のページへ ▼
前に喧嘩した時、俺が嫁の真意が知りたくて
嫁の親友と会った事があるがばれた時も怒らなかった。
「怒らんの?」と聞いたら、「なんで?」と。
「女の友達だよ?」と言うと
「友達に男も女もないよ。
それでなんかあるようなら私の選択が間違ってるんだよ。
あいつが欲しいんならくれてやるよ。そんな男いらん」と言われた。
俺はくれてやるとは思わんが、俺ら夫婦の考え方が間違ってるのか???
もう、何がなんだかわからんくなってきたぞ?
嫁とさっきからメールしてるんだが
▼ 次のページへ ▼
「いつも我がままばっかいってごめん」と書くと
「知ってるよ。でも、一緒にいたいからいるんだよ」と返事
「やったのか?とか聞いてごめん無神経だった。でも不安になって」には
「不安にさせてごめんね。私になんか興味ないと思ってたから。
心配してくれるんだね。ありがとう。あんまり調子よくないから早めに帰る
せっかく休みとってるし、久々にゆっくり話せそうだね」
俺ここに相談してよかった…みんなありがとう。
>ハッピーエンドなのか!?
いや、俺がきっちりけじめとらんと親友にとられる。と思う
もちろん、きちんと報告する。
▼ 次のページへ ▼
親友との話も、ババアの話も。
今日の午後が勝負だから。
だけど俺は親友よりも伏兵が沢山いそうで怖い
嫁、もてるんだよ。本人は全然気づいてない天然だけど。
そっちの方が心配でたまらん。
>嫁娘を守らなかった癖に、嫁がモテる事は気にするんだな。
>やっぱクズだわコイツ。
2年前に建てたばっかりのこの家が気に入ってるらしく
(娘の意見を聞いて建てた)
今日の朝「引越しはイヤ」と言われた。
▼ 次のページへ ▼
ただ、ババアが来るとうざい。毎朝、散歩のコースに入れてるようだし
俺的には見張られてるみたいで気持ち悪いのだが。
もう、その辺りはオヤジと話し合わないとダメかもしれん。
オヤジとはさっき話した。
オヤジいわく、家でも滅茶苦茶な嫁の悪口を言うらしい。
風呂中にババアの携帯を確認したら、
嫁と娘宛の嫌がらせメールの数々を発見して、
妄想が予想以上にひどいので
騙して病院に連れて行くしかないかもしれないと言っていた。
嫁も孫も娘のいない俺にとっては大事なのに、あいつのせいで…と言ってた。
▼ 次のページへ ▼
連絡きた。行ってくる。後で報告する!
なんか立て込んでるが、とりあえず今帰ってきた。
嫁がもうすぐ帰ってくるようなので、急いで夕飯作る。
今日休みとってるのに何もしてないのはさすがにまずい気がする。
報告は色々やった後になると思う。
遅くなってスマン。長文になるがそれもスマン。
実家へ行くと丁度帰って来たところだった。
「あら?会社は?」とババア
「休んだよ」と俺。
ババア「具合悪いのに○○さん(嫁)何してるの?かわいそうに」
▼ 次のページへ ▼
俺「いや、具合悪いのと違う。今日ははっきりさせたくてきた。」
携帯をまず見せろ。と言うが見せないので
無理やりもぎとってこれはなんだ?とつきつける
「それは○○さんが私の悪口を近所中に言うから怒って書いた」
などというので、では、と、隣近所に聞いてみる。
もちろん答えは「そんな事聞いた事ない。」
「俺はなー別にオマエのために黙ってたわけじゃないんだよ!
早く死ね!って思ってんだ」などなど言う。絶縁も言った。
ババア青ざめる。震えながら「私は悪くない」と言い続ける。俺、キレる。
逃げ回ったが捕まえて、一応止めるオヤジを押し倒し、一発入れた。
▼ 次のページへ ▼
そこでババア「コロされる」と叫んで走り回る。
オヤジに言われ、俺、救急車呼ぶ。
「母親が頭おかしくなったので来てください。パニック状態で暴れています」
駆けつける救急車。
救急隊員から事情を聞かれオヤジと俺とで基地外度合いを話す。
ババア、暴れながら
「私はおかしくない。この子が私を殴ったんです!」と言う。
そこでオヤジが予想外の事をいう。
「いえ、それは妄想です。私もいましたが息子はそんな事はしていません。
今までも妄想ばかりして人に危害を与え、
▼ 次のページへ ▼
夜中も放浪し、嫁を呼びつけたりしていました。
今日はこのように暴れています。病院へお願いします。」
救急隊員は初め話し合っていたが、病院に連絡をとる。
暴れるババア。様子がおかしいと取り押さえられ、救急車に。
救急車にオヤジが乗り、俺は車で後にまわる。病院へ。
>やっとオヤジが役に立ったな
俺が病院に姿を現すとババア再び「コロされる」と青ざめ暴れる。
オヤジは医者に呼ばれ、携帯のメールなどを見せ、説明。
とりあえず、注射され、点滴(1回引っこ抜く)をされると大人しくなった。
ババアはそれでも訳のわからん話を医者にしていた。
▼ 次のページへ ▼
「嫁に刺された」
「お父さんがいつも私を殴って、やりたい放題やる。」
オヤジも俺も唖然とする
医者が苦笑し、
「この状態では困るでしょうし、多分薬が切れたらまた同じになります」
「入院させましょう。ベッドが丁度空いてます。」入院となった。
明日から色々検査して病名がわかるらしい。
でも、医者はなんとなく様子で心当たりがあるらしく、
「重度ですよ」と言った。
ババアはそれからすぐ寝てしまったし、
▼ 次のページへ ▼
オヤジは入院用の荷物をまとめに家に帰った。
医者は俺には「刺されたと言っているのもあるから」
俺や嫁には来ないように言った。
願ったり叶ったりだ。
オヤジは落ち込むかと思ったらそうでもないようだった。
なんか良く考えるとオヤジに使われたような気がするんだが…
俺がどんな行動とるか予測して計画を練ってたような気もする。
だけど、とりあえずはほっとしてる。
>離婚したいオヤジを毒息子のお前が地獄にひきとめてたんだから、
>利用されるくらいいいだろ。家族のためにもなるし。
▼ 次のページへ ▼
>いや、それについては二人の以心伝心の連携プレイだと思っとけ。
>実際、現実はGJだったんだし。
>そっか、本当に病気だったんだ…
総合病院の精神科だったよ。昼間だったからかもしれんけど。
さっきオチてから、夕飯作ったり、娘を風呂に入れたり、
嫁に事情話したりしてたら遅くなった。
嫁はびっくりして、なんなのその親子プレーは!?と言っていた。
娘も「こわいねーwおじいちゃんとパパ。仲良しなんだね!」と。
だけど、二人ともほっとした様子だったよ。
まだまだ、問題はあるけど。(ババアが出てくるのが恐ろしい)
▼ 次のページへ ▼
ああ、それと親友の話もあるな。
嫁と娘に話したら
嫁「なんていうか、親子って怖いw」
娘「こわーいwふたごみたい。」
その後、嫁は父親の心配をし始めた。それで、なるべく負担にならないよう
おかずなどを届けたり、空いている休みの日は
ごはんをなるべく一緒に とる、などの提案をしてきた。
ただ、娘の「病気でも許せないから、おばあちゃんいらない。」を聞いて
今までずっと我慢してきたんだと思うと悲しくなって、謝った。
>娘さんのフォロー頑張れよ
▼ 次のページへ ▼
>嫁と娘は父親を見直したろう
>嫁が親友に恋心を抱いていなかったら、いいんだけどな
親友には病院の後会ってきた。
出向こうと思ったら「用事があるので行くから」と言われた。
それで、事の次第を話し、色々と嫁の話をした。
「夜中に独りで子供を連れてその辺をうろうろされ。
あげくに変な男に連絡してはかなわんので話をきいた。
かなり血迷った感じだった。」と言っていた。
「オマエの嫁が浮気するような奴だと思うのか?」
と逆に聞かれたので困ってると
▼ 次のページへ ▼
「しないよ。あれは。子供にそんな背中を見せる女ではないよ。」
と笑された。
なんか俺の知らない嫁を知ってるのが悔しかったが、
俺が独身中女と遊んでる間、親友は嫁と遊んでいたので仕方ない。
独身中の嫁にも手は出してないので安心しろと言われた。
なんか、疑った俺にちくしょうという感じだったんだが。
嫁が高校生の時から知ってる。幼馴染ではないんだが。
オヤジとも少し話したんだが、オヤジは看病はあまりやる気ないらしい。
完全看護のところに入れ、ババアの貯金やら退職金やらで
介護人をつけると言っていた。もちろんオマエも面倒は見なくていい。
▼ 次のページへ ▼
というんだが可能なのか?
嫁は「親戚の子の母親に看てもらえば?」と言う。
どうやらババアはうちの娘ではなくその子に金をつぎ込んでいたらしい。
>母親のことは、父親にまかせろ。それなりに、考えているんだろう。
>おまいら一家は、父親の話し相手にでもなってやればいいよ。
嫁はそうするつもりの様子でいるみたいだ。俺もそうしようと思う。
離婚の邪魔したの俺だし。
>精神病院なら完全看護でしょ?
完全看護なのだが、逃げ出す可能性があるので、移送は考えている。
父親は「あのぐるぐるまきでは逃げはしないと思う」と言うんだが。
▼ 次のページへ ▼
ここの住人のみんなに助けてもらわんかったら今の俺はなかったと思う。
本当にありがとう。
また、分からん事が出てきたら宜しくおねがいします。
自分の常識だけで判断してはいけないと本当に思ったよ。
みんなの家庭が日々穏やかになるように祈ってます。
俺はとにかく努力するつもり。これからは嫁と半で参観日も行くよ。
今の30代の主婦は見かけが滅茶苦茶若いので
本当に早く歳食えとは思うけどね。
不安が一杯だよ…
みんな本当にありがとうございました。